「 sate10 」一覧

インフルエンザを予防するには

毎年冬になると大流行するインフルエンザ。自分の身近で流行してしまったら、もう感染を防ぐ手立てはないのでしょうか?

しかし、毎年のように流行っても全くインフルエンザにかからないという方が身近にいませんか?
あの人と自分はどう違うのだろう?という疑問がわいてきますよね。

そこでこちらでは、インフルエンザの予防法についてお話していきます。

インフルエンザ予防の定番と言えば、マスク、手洗い、うがいが思い浮かびますよね。
しかしこの中であまり効果が無いとされているものがあります。
それは「うがい」なのです。

インフルエンザのウイルスは、軌道に付着してしまうとたったの20分で細胞の中に入ってしまいます。ですから、外出から帰ってうがいをしてももう遅いということになります。
ですが付いたばかりのウイルスなら落とせるかもしれませんし、風邪には有効であることが多いようなので、やはり一応、外出から帰ったらうがいをした方が良さそうですね。

またマスクも、よほど効果の高いものでなければウイルスの侵入を完全には防げません。しかし手についたウイルスが口や鼻に入ることを防ぐことはできますし、喉の乾燥対策にもなるためこの時期はつけておいたほうが良いと思います。

この三つの中で一番大事なのは「手洗い」です。
ウイルスが付着した場所をさわってしまい、それが口や鼻の粘膜から取り込まれてしまうことを防ぐためにも、しっかり手洗いを行いましょう。

手のひらや手の甲をこすったら、指の間もしっかり洗いましょう。
指先やつめの間、手首まで念入りに洗ってくださいね。
アルコール除菌も有効ですから、取り入れてみてはいかがでしょうか。

ほかにも、日ごろから免疫力を高めることや、適度な運動をすることも大事になって来ます。栄養のバランスの取れた食事を心がけ、冷えにも注意しましょう。
緑茶やヨーグルトなどがインフルエンザに効果が期待できるという報告もあるようです。

かかってしまうと本当に辛いインフルエンザ。
日ごろの生活習慣を見直し、かからないように対策をしてくださいね。


一度かかった型には二度とかからないの?

おたふくかぜやはしかなどの病気は一度かかると抗体ができ、通常二度はかかりませんよね。ならば、インフルエンザも一度かかってしまえば、同じ型にかかることは無いのだろうか?という疑問がわいてきます。
実際はどうなのでしょうか。

インフルエンザのA型にはA香港型、2009年に発生したH1N1などがあります。ですから同じA型でも違う種類ならかかることがあるでしょう。
また、A型にかかった人が同じ年にB型にかかることもあり得ます。
ここまでは、当然の話と言えますね。

みなさんが知りたいのは、例えばA香港型に一度かかれば、もう二度とA香港型に感染することが無いのか?という事ではないでしょうか。
実は、残念ながら一度かかった種類でも二度とかからないとは言えないのです。

それはなぜなのかというと、インフルエンザのウイルスは「変異をするのが早い」からなのです。遺伝子が大幅に変わってしまえば、一度かかっていても同じ種類のインフルエンザにまたかかってしまうこともあるのです。

しかもA型は、数年や数十年ごとに流行株が突然違う亜型に変化することがあり、いわゆる「新型インフルエンザ」が発生します。
新型インフルエンザに対する抗体は誰も持っていませんから、世界中にあっという間に感染が広がり大流行を引き起こします。これが「パンデミック」とよばれるものです。

ウイルスが変異してしまえば、一度かかった型、種類でもまたかかることもあります。
ですから、「一度かかったからもう安心!」と油断をしていては危険です。毎年インフルエンザ対策をしっかりするようにしましょう!


インフルエンザに解熱鎮痛剤は危険って本当?

インフルエンザは高熱が辛いですし、頭痛も伴うことが多いですよね。なんとか辛い症状を和らげたくて、市販の解熱鎮痛剤を使いたくなってしまう方も多いでしょう。
特に子どもが発熱で苦しんでいるのを見ると、一刻も早く熱を下げてあげたくなってしまうものです。

しかし、ちょっと待ってください!
インフルエンザの時には、使わないほうが良い解熱鎮痛剤もあるのです。

まず、インフルエンザでの発熱は「ウイルスと戦うための防御反応」です。体がインフルエンザウイルスと戦っている証拠だと言ってもいいでしょう。
そのため熱を下げてしまうとウイルスをやっつけることが出来なくなり、症状が長引いてしまう可能性があります。

解熱鎮痛剤を使うのは、本人の体力の消耗が激しく辛い時に限ったほうが良いと言えるでしょう。

いざ解熱鎮痛剤を使うとしても、使ってはいけない種類の解熱鎮痛剤があります。
ジクロフェナクナトリウム(ボルタレンなど)やアセチルサリチル酸系(アスピリンなど)メフェナム酸(ポンタールなど)の解熱鎮痛剤を使うと、ライ症候群を引き起こしたり、インフルエンザ脳症やインフルエンザ脳炎を重症化させたりする恐れがあるのです。

特にこれらは、子どもに使うことは禁忌とされています。
お子さんが熱に苦しんでいるからと言って、これらの解熱鎮痛剤を自己判断で使うことは絶対に止めましょう。
市販の風邪薬に含まれていることもありますので、自己判断で風邪薬などを使うのは良くありません。

比較的安全といわれているのが、カロナールなどのアセトアミノフェン系の解熱鎮痛剤です。
それでも自己判断で使用するのは危険が伴いますから、相談した方が安心と言えるでしょう。


子どもや高齢者は「合併症」にも注意して!

インフルエンザが重症化しやすいのは、やはり幼児や高齢者です。
特に65歳以上の高齢者は、インフルエンザによる死亡者のうちの多数を占めていますから注意しましょう。

5歳くらいまでの幼児の場合、次のような合併症が起こりやすいため注意が必要です。

・インフルエンザ脳炎、インフルエンザ脳症
・熱性けいれん
・気管支炎
・肺炎
・中耳炎

高齢者がインフルエンザにかかった場合は、合併症として肺炎を起こしやすいので注意しましょう。
高齢者の場合、インフルエンザにかかっても発熱しないこともあるため、インフルエンザであることを見落としてしまう可能性も有ります。
また、インフルエンザそのものの症状と肺炎の症状はとても似ており、発見が遅れてしまうことも考えられます。
肺炎はインフルエンザでの死亡原因の第1位でもありますから、高齢のご家族がいる方は十分注意してください。

幼児や高齢者は、インフルエンザの予防接種を受けておくと安心です。
もちろん感染を防げるわけではありませんが、重症化を防げる可能性があり、合併症のリスクも下げられるのではないでしょうか。

さらに、インフルエンザの合併症として肺炎にかかってしまうことを防ぐため、「肺炎球菌」の予防接種も受けることが望ましいでしょう。
平成26年10月から、65歳以上の高齢者も肺炎球菌の定期接種の対象になりました。対象になる年度に接種を受ければ公費の助成が受けられますので、お住まいの市町村で確認してみるとよいでしょう。

幼児は症状を訴えられないこともありますし、高齢者は症状が目に見えにくいこともありますから、家族は十分注意しましょう。
様子がおかしいと思ったら医療機関を受診してください。


インフルエンザ後の登校、出社はいつから?

インフルエンザが治癒し、登校するには規定があります。これは学校保健安全法で定められたものですので、しっかり守らなければなりません。
また、社会人の場合は特に決まりが無いようですが、会社によっては決まりを設けていることがあるかもしれません。しっかりと確認をしましょう。

それでは、幼稚園や学校での出席停止の期間を見ていきましょう。

・幼稚園児や保育園児の場合
発症後「5日」を経過し、かつ、解熱した後「3日」を経過するまで

・学校の場合
発症後「5日」を経過し、かつ、解熱した後「2日」を経過するまで

この期間が、学校保健安全法で定められた出席停止期間となっています。

ちなみに、発症した日は0日目となるため、日数には含めません。
また、解熱した日も0日目と数えますので、間違えないようにしましょう。

以前は「解熱後2日を経過するまで」という決まりだけでしたが、現在ではこのように変更になっています。

社会人の場合は、いつから出社すればよいか迷うところですよね。
周りに感染させてしまう恐れからも、できればこの学校保健安全法で定められた「発症後5日、解熱後2日」経過してからの出社が望ましいかもしれません。

しかしそんなに長くは休んではいられないという方も多いでしょうから、会社とよく相談のうえで決めるのが良いかもしれませんね。

幼稚園や学校によっては、指定の登校(登園)許可書などが必要な場合もあります。
何度も医療機関に足を運ぶことになってしまわないように、事前にしっかりチェックしておきましょう!


インフルエンザで医療機関を受診するベストタイミングは?

明らかにインフルエンザの症状が出て、周りでもインフルエンザが流行っている場合、インフルエンザにかかっている可能性が高いと言えます。
しかし、インフルエンザに間違いないと思って病院で検査を受けたら陰性だった、などという方もいらっしゃるでしょう。
実はそれは、受診のタイミングが早すぎたためかもしれません。

発熱や関節痛などの辛い症状を抱えながら、インフルエンザや風邪の患者でごった返す医療機関にわざわざ出向いて検査を受けても、きちんとした検査結果が出ないのではぐったりしてしまいそうですよね。

通常医療機関で使用されているのは、喉や鼻などの粘液からウイルスを検出する簡易キットです。
簡易キットでの検査の場合、感染してすぐの場合は陰性になってしまうことがあります。まだウイルスの数が少ない状態だと陽性反応が出ないこともあるのです。

ですからインフルエンザに感染し、症状が出てから12時間~24時間くらいまでの間に受診するのが望ましいでしょう。

逆に、受診があまり遅すぎてもダメなのです。
なぜなら、抗インフルエンザ薬が有効なのは発症から48時間以内とされているからです。それを過ぎてから抗インフルエンザ薬を使用しても、あまり効果が期待できなくなってしまいます。
せっかく受診しても、薬で症状を軽くできないとあまり意味が無いですよね。

このことからも、インフルエンザで医療機関を受診する場合は
「発症後12時間~24時間」を目安にしてみて下さいね。
インフルエンザの症状で辛い体で何度も医療機関に足を運ぶのは大変ですから、症状がいつからあったかを思い出し、ベストのタイミングで受診しましょう。


インフルエンザの潜伏期間や感染の仕方は?

インフルエンザの潜伏期間って、意外と気になりますよね。
インフルエンザの患者さんと接した後症状が出なくてホッとしていたら、数日後に実は感染していたことが分かった・・・などというケースもあります。

インフルエンザの潜伏期間や感染の仕方などを見ていきましょう。

・インフルエンザの潜伏期間
インフルエンザの潜伏期間は、1日~3日と言われています。種類によっては7日くらいのケースもあるようです。

インフルエンザの感染力のピークは、発熱して3日目ごろと言われています。
しかし、実は発症する前の潜伏期間にも周りに感染させてしまう危険があり、その割合は90%前後とも言われているようです。
ですから、学校や職場などで身近に接している人がインフルエンザを発症して休んだ場合、すでに自分も感染している可能性がありますので注意が必要でしょう。

・インフルエンザの感染の仕方は?
インフルエンザの感染経路には、飛沫感染、接触感染、空気感染などがあります。

飛沫感染とは、インフルエンザにかかっている人の咳やくしゃみなどによってばらまかれたウイルスが体内に入ることによって起こる感染です。
インフルエンザに感染している人の咳からは約10万個、くしゃみからは約200万個のウイルスがばらまかれると言いますから、その感染力のすごさがうかがえますね。

接触感染とは、ドアノブや手すりなどに付着したウイルスが手につき、それが口や鼻などの粘膜から体内に入るという感染の仕方です。
インフルエンザウイルスは乾燥に強いため、乾燥した室内などの場合はドアノブや電気のスイッチなどに付着していることも考えられます。
接触感染を防ぐためには手洗いをしっかりすることが重要になって来ます。

また、空気中に浮遊しているウイルスから感染してしまうことも考えられます。

こう見ていくと、インフルエンザが流行している時期は様々なところに感染の危険があると思っておいた方が良さそうですね。


インフルエンザの予防接種には効果がある?

インフルエンザの予防接種って結局どうなの?効果があるの?と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
費用も掛かりますし、受けるか受けないか毎年悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

インフルエンザの予防接種のワクチンは毎年、今シーズン流行するであろう株を専門家が予想したうえで作られています。
ですから、その予想が当たれば効果が期待でき、当たらなければ効果はあまり期待できないということになるのです。

ですから、インフルエンザの予防接種を受けたからと言って、完全にインフルエンザの感染を防ぐことは無理だと思っておきましょう。

しかしインフルエンザの予防接種を受けておけば、インフルエンザにかかってしまったときに重症化するのを防ぐ効果が期待できます。
基礎疾患のある方や高齢者の方、小さいお子さんなどは受けておいた方が安全かもしれません。
また、健康な成人の方でも受験や結婚式など重要なライフイベントを控えている方や、小さい子どもに接する機会の多い方などは、状況に合わせて予防接種を受けるか受けないか決めるのが良いのではないでしょうか。

インフルエンザの予防接種の効果は、接種2週間後から5カ月間くらいとされています。
また、インフルエンザの予防接種で良く見られる副反応には、摂取した部分の痛みや腫れ、赤みなどがあります。それらもふまえた上で検討しましょう。

インフルエンザの予防接種にかかる費用は、医療機関によっても異なります。
ワクチン自体はどこの医療機関でも同じものを使用しますから、なるべく費用の安い医療機関で接種できると良いですね。


インフルエンザと風邪の違いは?その見分け方とは

熱があって頭痛がする。でもこれって風邪?インフルエンザ?と判断がつかないことってよくありますよね。
風邪の場合、もともと健康な成人ならば安静にしていれば徐々に良くなりますが、インフルエンザの場合は辛い症状が現れることが多く、できれば早めに病院に行きたいですよね。

そこで、インフルエンザと風邪の違いなどをまとめてみました。

<インフルエンザの場合>
・症状の出始め・・・急な発熱、筋肉痛や関節痛、倦怠感。
・熱・・・急激に上がる。38度以上の高熱になる事が多い。
・流行・・・毎年11月から3月ごろに流行する季節性のもの
・呼吸器系の症状・・・ある程度日数が経ってから現れることが多い。

<風の場合>
・症状の出始め・・・くしゃみ、鼻水、咳といった症状から始まることが多い。
・熱・・・あまり高熱にはならず、緩やかに体温が上昇する。
・流行・・・季節を問わず一年中見られる。
・呼吸器系の症状・・・一番初めに現れることが多い。

一般的には、このような違いがあると言われています。
しかし、インフルエンザにかかる前に軽い風邪にかかっていれば、先にくしゃみや咳などといった症状が出ていることも珍しくありませんから、判断はなかなか容易ではありません。医療関係者でも判断が難しいこともあるようです。

「急な高熱」「関節や筋肉の痛み」には注意が必要だという事がお分かりいただけたでしょうか。
インフルエンザかも?と思ったら、医療機関を受診しましょう。


インフルエンザとは?その症状や種類

冬になると毎年流行すると言っても過言ではないのがインフルエンザです。
また今年もこの季節がやってきた・・・と憂鬱になってしまう方も多いのではないでしょうか。

インフルエンザとは実際どのようなものなのか、知っている方もあまりよく知らないという方も、まずは一度おさらいをしてみましょう!

・インフルエンザとは?
インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって引き起こされる気道感染症です。
インフルエンザウイルスが体内に入ると、喉や肺、気管支などで菌が増殖します。

インフルエンザは風邪とは違い、季節性のものです。
流行時期は例年11月ごろから3月ごろと言われています。

・インフルエンザの症状は?
インフルエンザの症状は、急な発熱から始まることが多いでしょう。普通の風邪と比べて高熱になりやすく、38度以上になる事も多くあります。熱が上がると同時に強烈な寒気も伴います。さらに、筋肉痛や関節の痛み、全身の倦怠感、食欲不振、頭痛などが現れるでしょう。
その後鼻水やのどの痛み、咳などと言った呼吸器系の症状が現れます。インフルエンザの種類によっては下痢や吐き気を伴うこともあります。

・インフルエンザの種類は?
インフルエンザにはA型、B型、C型があります。なかでも毎年のように大流行するのはA型とB型です。
A型にはもA香港型(H3N2亜型)や、2009年に新型インフルエンザとして流行したH1N1亜型などがあります。以前流行したAソ連型は現在では少なくなっているようです。