インフルエンザを予防するには

毎年冬になると大流行するインフルエンザ。自分の身近で流行してしまったら、もう感染を防ぐ手立てはないのでしょうか?

しかし、毎年のように流行っても全くインフルエンザにかからないという方が身近にいませんか?
あの人と自分はどう違うのだろう?という疑問がわいてきますよね。

そこでこちらでは、インフルエンザの予防法についてお話していきます。

インフルエンザ予防の定番と言えば、マスク、手洗い、うがいが思い浮かびますよね。
しかしこの中であまり効果が無いとされているものがあります。
それは「うがい」なのです。

インフルエンザのウイルスは、軌道に付着してしまうとたったの20分で細胞の中に入ってしまいます。ですから、外出から帰ってうがいをしてももう遅いということになります。
ですが付いたばかりのウイルスなら落とせるかもしれませんし、風邪には有効であることが多いようなので、やはり一応、外出から帰ったらうがいをした方が良さそうですね。

またマスクも、よほど効果の高いものでなければウイルスの侵入を完全には防げません。しかし手についたウイルスが口や鼻に入ることを防ぐことはできますし、喉の乾燥対策にもなるためこの時期はつけておいたほうが良いと思います。

この三つの中で一番大事なのは「手洗い」です。
ウイルスが付着した場所をさわってしまい、それが口や鼻の粘膜から取り込まれてしまうことを防ぐためにも、しっかり手洗いを行いましょう。

手のひらや手の甲をこすったら、指の間もしっかり洗いましょう。
指先やつめの間、手首まで念入りに洗ってくださいね。
アルコール除菌も有効ですから、取り入れてみてはいかがでしょうか。

ほかにも、日ごろから免疫力を高めることや、適度な運動をすることも大事になって来ます。栄養のバランスの取れた食事を心がけ、冷えにも注意しましょう。
緑茶やヨーグルトなどがインフルエンザに効果が期待できるという報告もあるようです。

かかってしまうと本当に辛いインフルエンザ。
日ごろの生活習慣を見直し、かからないように対策をしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です