インフルエンザに解熱鎮痛剤は危険って本当?

インフルエンザは高熱が辛いですし、頭痛も伴うことが多いですよね。なんとか辛い症状を和らげたくて、市販の解熱鎮痛剤を使いたくなってしまう方も多いでしょう。
特に子どもが発熱で苦しんでいるのを見ると、一刻も早く熱を下げてあげたくなってしまうものです。

しかし、ちょっと待ってください!
インフルエンザの時には、使わないほうが良い解熱鎮痛剤もあるのです。

まず、インフルエンザでの発熱は「ウイルスと戦うための防御反応」です。体がインフルエンザウイルスと戦っている証拠だと言ってもいいでしょう。
そのため熱を下げてしまうとウイルスをやっつけることが出来なくなり、症状が長引いてしまう可能性があります。

解熱鎮痛剤を使うのは、本人の体力の消耗が激しく辛い時に限ったほうが良いと言えるでしょう。

いざ解熱鎮痛剤を使うとしても、使ってはいけない種類の解熱鎮痛剤があります。
ジクロフェナクナトリウム(ボルタレンなど)やアセチルサリチル酸系(アスピリンなど)メフェナム酸(ポンタールなど)の解熱鎮痛剤を使うと、ライ症候群を引き起こしたり、インフルエンザ脳症やインフルエンザ脳炎を重症化させたりする恐れがあるのです。

特にこれらは、子どもに使うことは禁忌とされています。
お子さんが熱に苦しんでいるからと言って、これらの解熱鎮痛剤を自己判断で使うことは絶対に止めましょう。
市販の風邪薬に含まれていることもありますので、自己判断で風邪薬などを使うのは良くありません。

比較的安全といわれているのが、カロナールなどのアセトアミノフェン系の解熱鎮痛剤です。
それでも自己判断で使用するのは危険が伴いますから、相談した方が安心と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です