インフルエンザ後の登校、出社はいつから?

インフルエンザが治癒し、登校するには規定があります。これは学校保健安全法で定められたものですので、しっかり守らなければなりません。
また、社会人の場合は特に決まりが無いようですが、会社によっては決まりを設けていることがあるかもしれません。しっかりと確認をしましょう。

それでは、幼稚園や学校での出席停止の期間を見ていきましょう。

・幼稚園児や保育園児の場合
発症後「5日」を経過し、かつ、解熱した後「3日」を経過するまで

・学校の場合
発症後「5日」を経過し、かつ、解熱した後「2日」を経過するまで

この期間が、学校保健安全法で定められた出席停止期間となっています。

ちなみに、発症した日は0日目となるため、日数には含めません。
また、解熱した日も0日目と数えますので、間違えないようにしましょう。

以前は「解熱後2日を経過するまで」という決まりだけでしたが、現在ではこのように変更になっています。

社会人の場合は、いつから出社すればよいか迷うところですよね。
周りに感染させてしまう恐れからも、できればこの学校保健安全法で定められた「発症後5日、解熱後2日」経過してからの出社が望ましいかもしれません。

しかしそんなに長くは休んではいられないという方も多いでしょうから、会社とよく相談のうえで決めるのが良いかもしれませんね。

幼稚園や学校によっては、指定の登校(登園)許可書などが必要な場合もあります。
何度も医療機関に足を運ぶことになってしまわないように、事前にしっかりチェックしておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です