インフルエンザで医療機関を受診するベストタイミングは?

明らかにインフルエンザの症状が出て、周りでもインフルエンザが流行っている場合、インフルエンザにかかっている可能性が高いと言えます。
しかし、インフルエンザに間違いないと思って病院で検査を受けたら陰性だった、などという方もいらっしゃるでしょう。
実はそれは、受診のタイミングが早すぎたためかもしれません。

発熱や関節痛などの辛い症状を抱えながら、インフルエンザや風邪の患者でごった返す医療機関にわざわざ出向いて検査を受けても、きちんとした検査結果が出ないのではぐったりしてしまいそうですよね。

通常医療機関で使用されているのは、喉や鼻などの粘液からウイルスを検出する簡易キットです。
簡易キットでの検査の場合、感染してすぐの場合は陰性になってしまうことがあります。まだウイルスの数が少ない状態だと陽性反応が出ないこともあるのです。

ですからインフルエンザに感染し、症状が出てから12時間~24時間くらいまでの間に受診するのが望ましいでしょう。

逆に、受診があまり遅すぎてもダメなのです。
なぜなら、抗インフルエンザ薬が有効なのは発症から48時間以内とされているからです。それを過ぎてから抗インフルエンザ薬を使用しても、あまり効果が期待できなくなってしまいます。
せっかく受診しても、薬で症状を軽くできないとあまり意味が無いですよね。

このことからも、インフルエンザで医療機関を受診する場合は
「発症後12時間~24時間」を目安にしてみて下さいね。
インフルエンザの症状で辛い体で何度も医療機関に足を運ぶのは大変ですから、症状がいつからあったかを思い出し、ベストのタイミングで受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です