インフルエンザの予防接種には効果がある?

インフルエンザの予防接種って結局どうなの?効果があるの?と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
費用も掛かりますし、受けるか受けないか毎年悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

インフルエンザの予防接種のワクチンは毎年、今シーズン流行するであろう株を専門家が予想したうえで作られています。
ですから、その予想が当たれば効果が期待でき、当たらなければ効果はあまり期待できないということになるのです。

ですから、インフルエンザの予防接種を受けたからと言って、完全にインフルエンザの感染を防ぐことは無理だと思っておきましょう。

しかしインフルエンザの予防接種を受けておけば、インフルエンザにかかってしまったときに重症化するのを防ぐ効果が期待できます。
基礎疾患のある方や高齢者の方、小さいお子さんなどは受けておいた方が安全かもしれません。
また、健康な成人の方でも受験や結婚式など重要なライフイベントを控えている方や、小さい子どもに接する機会の多い方などは、状況に合わせて予防接種を受けるか受けないか決めるのが良いのではないでしょうか。

インフルエンザの予防接種の効果は、接種2週間後から5カ月間くらいとされています。
また、インフルエンザの予防接種で良く見られる副反応には、摂取した部分の痛みや腫れ、赤みなどがあります。それらもふまえた上で検討しましょう。

インフルエンザの予防接種にかかる費用は、医療機関によっても異なります。
ワクチン自体はどこの医療機関でも同じものを使用しますから、なるべく費用の安い医療機関で接種できると良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です