インフルエンザと風邪の違いは?その見分け方とは

熱があって頭痛がする。でもこれって風邪?インフルエンザ?と判断がつかないことってよくありますよね。
風邪の場合、もともと健康な成人ならば安静にしていれば徐々に良くなりますが、インフルエンザの場合は辛い症状が現れることが多く、できれば早めに病院に行きたいですよね。

そこで、インフルエンザと風邪の違いなどをまとめてみました。

<インフルエンザの場合>
・症状の出始め・・・急な発熱、筋肉痛や関節痛、倦怠感。
・熱・・・急激に上がる。38度以上の高熱になる事が多い。
・流行・・・毎年11月から3月ごろに流行する季節性のもの
・呼吸器系の症状・・・ある程度日数が経ってから現れることが多い。

<風の場合>
・症状の出始め・・・くしゃみ、鼻水、咳といった症状から始まることが多い。
・熱・・・あまり高熱にはならず、緩やかに体温が上昇する。
・流行・・・季節を問わず一年中見られる。
・呼吸器系の症状・・・一番初めに現れることが多い。

一般的には、このような違いがあると言われています。
しかし、インフルエンザにかかる前に軽い風邪にかかっていれば、先にくしゃみや咳などといった症状が出ていることも珍しくありませんから、判断はなかなか容易ではありません。医療関係者でも判断が難しいこともあるようです。

「急な高熱」「関節や筋肉の痛み」には注意が必要だという事がお分かりいただけたでしょうか。
インフルエンザかも?と思ったら、医療機関を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です